読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-RHYMESTERpresents-人間交差点2016 (2)ゼンザだってホンモノ

RHYMESTERpresents 人間交差点2016 に行ってきました。

ぜんぜんHIPHOPとかわからないのに。

 

楽しかった・・・ほんとうに楽しかった!

第二弾。

待ち合わせしてからお昼ごろまでのれぽーとです。

 

 前記事 -RHYMESTERpresents-人間交差点2016(1)現地着までのいろいろ 

 

* * * * * 

 

とっても天気が良くて、でも風がよく吹いていてなんとなくいい気分。

 

10:15ごろ入り口についたときにはすでにSEX山口さんがプレイをしていた。

(SEXが、プレイって)

 

会場外でも十分聴こえます。

 DJイベントなんてほとんどいったこともないので

たまに聞こえる「YEAH」みたいな掛け声だけが浮いていて

ちょっとおもしろくなったりしながら

10:30まで相方さんを待つのでした。

 

f:id:Nao_n3036:20160521183912p:plain

まさかの と ん ぼ と、先に落ち合うことができたんですが、

入り口はくるま2台はいるくらいの幅しかなく、

この時間はごったがえすこともなかったので

無事相方さんとも待ち合わせられました。

 

チケットをもぎられにむかいます。

 

星野源宇多田ヒカルがかかっていてますます上機嫌!

 

そういえば飲食持ち込み禁止とのことで

飲食ブツをお持ちのみなさまは、入り口で回収をされていました。

 

無事にチケットをもぎられてリストバンドを装着。

f:id:Nao_n3036:20160521185443j:plain

 

 

タイムテーブルはこんなかんじ

09:30      OPEN
09:30〜10:40  DJ SEX山口
10:40〜11:00  Creepy Nuts
11:00〜11:20  SUPER SONICS

 ここまで 一応 、"豪華すぎるOpening Act "

11:30〜12:10  RIP SLYME
12:15〜12:55  三浦大知
13:00〜13:40  KOHH
13:50〜14:30  OZROSAURUS
14:40〜15:20  MONGOL800
15:30〜16:10  lecca
16:20〜17:00  さかいゆう
17:10〜17:50  サイプレス上野とロベルト吉野
18:00〜18:40  ゴスペラーズ
18:50〜19:30  RHYMESTER
20:00      END

 

 まずは会場に着くなり場所を確保して座らせていただきました。

 (マット類は持ち込み不可って書いてあった。マット類ってなんだ?)

 

座った場所は、一番奥の、「おやすみどころ」。

なんていうか薄い絨毯マット的なものが敷かれている屋根つきのスペースであります。

 

会場は BLUE と RED 2つのステージからなり

一番奥の「おやすみどころ」からはBLUEステージが近い。

 f:id:Nao_n3036:20160521213220j:plain

肉眼でステージ上のパフォーマンスはみえるし

音なら会場のどこにいても十分すぎるくらい聴こえる広さ。

 

あと、「おやすみどころ」は手前にもあり

そちらに座るともうかたほうのステージがまっすぐみえるのでした。

 

f:id:Nao_n3036:20160521193301p:plain

適当でごめんなさい。ちゃんとしている公式さんのは ↓

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点 2016 | AREA MAP

 

 

 

というわけで、座りながらステージを見ていると

CreepyNuts(R-指定&DJ松永)さんが登場!

 

近くまで行かなくても十分見える・・・。

近寄っても勢いについてけるかどうか不安でもあったので最高でした。

 

 

 

くわしくないので正確にわからないけれど、このアルバムから何曲かあった。

わからなくっても、盛り上がりが、はんぱない!

 

そしてフリースタイルも披露していただきました。

聖徳太子スタイル。

おきゃくさんからのお題を5つくらい?もらって即興でラップをするもの。

ライブでみると感動しました・・・・・・・・・。

 

フリースタイルに入るときのイントロで

「ききてえか俺のでけえくち!」とかって煽っていた。BIG MOUTHだ! !

 

全曲終了し、

ああこのひとたち同年代なんだよなあ。R-指定さんの関西弁ってつよいなあ。

などと余韻にひたっとりました。

 

お次は向こうのRED STAGEでSUPER SONICさんでしたが

同じ場所ですわったまま、ゆっくりして聴かせてもらいました。

きれいな声だったなあ。

 

Opening Act 、つまり前座扱いなのがふしぎだ。

おきゃくさんアガってました。

 

さて!

ここで”豪華すぎるOpening Act”がおわり、これからRIP SLYMEで開会~